スポンサーサイト
-- . -- .-- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
鋸山(のこぎりやま) 後編
2008 . 06 .25 ( Wed )
0806245.jpg第三の目的地(日本一の大仏)は、最終目的地でもありました。
後は、ロープウェイに乗って下山するだけなのですが・・・。
ロープウェイ乗り場に行くには、ひたすら階段を上っていかないといけないんです。
これが、また大変で・・・。私にとって、心臓破りの階段でした(><)
私は、はなよりいくらか体重が軽いまるを抱っこしてたんだけど、バッグの重さを合わせると、結局、はなを抱っこしてるパパちゃんと同じ条件。それでも、頑張って階段を上っていたんだけど、とうとう途中でギブアップ(><)
ここから先は、パパちゃんにはなまるコンビを抱っこしてもらっちゃいました(^^;)

願いが叶って、やっとこさ、ロープウェイ乗り場にたどり着いた時、到着したばかりのカップルや
グループとすれ違いましたが・・・。ヒールやサンダルでの散策は無理っしょ(^^;)
それと、体力に自信のない人も・・・ね。

鋸山に行こうと決めた時、パパちゃんも私もナンチャッテクロックスを履いて
出かけようとしてたんだけど、ロープウェイはペットOKなのか?などを調べているうちに、
ナンチャッテクロックスで行くような場所ではないことに気づいたのです(^^;)
スニーカーで行って大正解!!

0806243.jpgちなみに、ロープウェイは、ペットOK(抱っこ)♪
ただ、有料手荷物扱いになるので1頭につき100円(往復券はなし)。
100円払うと切符の代わりに荷札を渡されます。
飼い主にとって、荷札というのがちと複雑ですが・・・(^^;)
それと、鋸山の散策路は、日本寺の敷地でもありますので、
拝観料を払います。 が、ペットは無料でした♪

鋸山を後にして、少し遅いお昼を・・・と思ったんだけど、わんこOKの食事処は近所になく・・・。
道の駅でと思ったら、近くに小規模なドライブインを発見。定食屋さんしかなかったんだけど、
ダメ元でわんこ同伴OKかどうか聞いてみたら、OKが出ましてね。
パパちゃんは、あじのたたき丼、私は、まぐろ丼を食べました♪

0806246.jpgそして、この日最後の立ち寄り場所となる大房岬(だいぶみさき)へ。
ここには、芝生の広場があるということで、はなまるコンビのために行ったようなものだったんだけれども。芝生の広場に行くには、またまた階段を下りていかないといけないらしく・・・。帰りのことを考えると、正直、行くのを諦めようかとも思ったんだけど、これもはなまるコンビの為と気持ちを奮い立たせて、下りて行きました!

芝生の広場は、なかなか広く、海が見えて景色がいい所でした♪
はなまるコンビは走り回って・・・と思いきや、走り回ってたのは、まるだけで、はなは、ノソノソと歩くだけ。
疲れちゃったみたいです(^^;)

広場から少し歩いたところに、岩場がありましてね。更に、その先には、滝がありました!
近くまで行ってみようとしたら、足元に1匹のふな虫が・・・と思った瞬間、そこらじゅうにいるでは
ありませんかっ!ふな虫の大群が・・・。

私、大っ嫌いなんです(><)こんなとこを歩くなんて、絶対むりっ!
観音崎(三浦半島)の岩場にもいっぱいいるんですよねぇ。
江ノ島の岩場にもいるんだろうけど、最近、行ってないからなぁ。。。
そんな訳で、早々に引き上げました(^^;)

帰り道は、もう階段を上る体力が残ってなかったので、かなり遠回りでしたが、迂回しました。
のんべんだらりと歩いてたので、復路は、往路の倍以上かかったのではないでしょうかね。

今回は、体力勝負の旅となりましたが、ロープウェイにも乗れたし、日本一の大仏も見れたし、
なかなか楽しい旅でもありました♪帰り際に食べたビワソフトも美味しかったなぁ(^m^)

<完>
スポンサーサイト
日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
鋸山(のこぎりやま) 前編
2008 . 06 .25 ( Wed )
昨日、鋸山(のこぎりやま)に行ってきました!遠足などで行ったことがある方も多いかと
思われますが、我が家族にとっては、初めての場所でした。

ロープウェイで山頂まで登り、そこから散策が始まるんですが・・・。 この散策が、思ってた以上に
きつかったぁ(><)七滝(ななだる)もきつかったけど、それ以上でしたっ!
今回も、パパちゃんは、はな、私は、まるを抱っこ(^^)

傾斜のきつい階段を上ったり下りたりのコースを約2時間歩きましたが、元気がよかったのは
最初だけ(^^;)第一の目標地点(百尺観音)に着く頃には、もうバテバテで・・・。

0806244.jpg 0806242.jpg 0806241.jpg

第二の目標地点(山頂展望台)に着いた頃には、心臓がバクバク状態。
ここは、違った意味で心臓バクバク。
そうです!!鋸山の目玉スポットのひとつ「地獄のぞき」がある場所であります。
断崖絶壁のてっぺんにちょこっと突き出た岩から下を見下ろす恐怖といったら、もう・・・。

私は、まるを抱えて岩の上に登りましたが、突端まで行く勇気はなく・・・(><)
パパちゃんは、なんと!はなまるコンビを抱えて、突端制覇!!!
すばらしいっ!私には、考えられませんっ!

第三の目的地(日本一の大仏)までは、ほぼ下り階段。これがまたきついっ!
膝が笑うってこーゆーことを言うのね(^^;)膝に力が入らなくて足がガクガクですわ。
途中、日本の文化財といわれる石仏(千五百羅漢)があったりもしたんだけど、じっくり観て
感動に浸るという余裕もなく・・・(^^;)

やっとの思いで、大仏広場に到着。ここで、しばし休憩。
はなまるコンビもやっと自分の足で地面を踏みしめることができて、嬉しかったのではないでしょうかね。
はしゃいでました(^^)

大仏、でかかったですよぉ!なんせ、日本最大の大仏なんですから・・・。
私は、奈良の大仏が一番大きいのかと思ってましたが、違うんですね(^^;)

ここには、何でも願いを叶えてくれるというお願い地蔵がいらっしゃるのですが、そこまで行く
余力が惜しかったので、近場にいらっしゃる大仏様にお願い事をしました。
「無事にロープウェイ乗り場までたどり着けますように・・・」と。

<続く>
日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
手さげバッグの中身は・・・
2008 . 06 .21 ( Sat )
ここ数日、雨が降るのか振らないのかわからないような、中途半端な天気が続いてますが・・・。
こうゆう中途半端な天気は困ります(><)
何が困るかというと、散歩。
昨日は、今にも雨が降ってきそうな天気だったので、散歩中に降られたら嫌だなと思って
中止したんだけど、結局、日中は降らず・・・。
なんか、損した気分(^^;)
今日は、昨日のことがあったからと思って、散歩に行ったら、途中で降られ・・・。
家に着いたときは、私もはなまるコンビも風呂上り状態。
なんか、ついてないなぁ(><)

その話は置いといて・・・。

今日、散歩してる時に(この時は、雨は降ってない)、「知らない人に声をかけられても、
ついていくのはやめましょう」とか「ひったくりにあわないようにバッグの持ち方を工夫しましょう」
「自転車の前カゴにはアミなどをはり・・・」みたいなことをスピーカーで流しながら、
町内をパトロールしてる車とすれ違ったの。

それを聞いて、ふと思ったの。
もし、今、私がひったくりにあったとしたら・・・!?
ひったくりの犯人は、開けてびっくり!そんでもって、ガックリしちゃうだろうなぁってね。

だって、手さげバッグの中身は、ハンカチ、ティッシュ、携帯電話、ビニール袋、
それと、はなまるコンビのうんPしか入ってないんだもん。
盗られて打撃をくらうモノといったら、唯一、携帯電話くらいかしらん(^^;)

散歩の時は、基本的に、お財布を持たない主義なのよね。私・・・。

ま、ひったくり犯も、わんこの散歩をしてる人のバッグを狙うことはないと思うけど・・・。
中身は、だいたい察しがつくもんね(^^;)

そんな訳で、散歩中は、車や人の迷惑にならないように気をつけているくらいで、
それ以外は、ユッルユルな私です。
日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
意外と単純なのね^^;
2008 . 06 .19 ( Thu )
突然ですが、トイレタンクの中がどーなってるのかご存知ですか?
私は、興味本位で覗いたことはありますが、どーなってるのかまでは知りませんでした。

何故に、トイレタンクの話?
勘のいい人なら、わかったかもしれませんが・・・。

またまた、トイレでトラブルが発生しましたっ!!!

前回は、トイレの水が溢れ出しそうになり、危うく大惨事を引き起こすところだったという・・・。
今回は、水が流れたまま、止まらないという事態が発生したのです(><)

原因は、繋がっているべき鎖が外れてたってだけのことだったのですが・・・。

トイレタンクの仕組みを知らなかった私は、それを発見するのに30分以上も
かかっちゃいました。その間、水を止めることすら出来ず・・・(^^;)
でも、自力で発見したのって、凄くない!?・・・なんてね(笑)

今思えばなんですが・・・。
トイレタンクの仕組みって、意外と原始的というか単純なのね(^^;)
私は、もっと複雑に出来てるのかと思ってたわ。レバーを動かすと電源が入り、センサーが
作動して一定の水量が流れる・・・みたいな(^^;)

今回の件で、トイレタンクの仕組みを理解したということで、家事のスキルアップを実感(笑)
今度、また同じことが起きたら、スピードアップで、5分以内に直してみせるぞぉ~!
日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
河津七滝めぐり
2008 . 06 .11 ( Wed )
昨日、河津七滝(かわづななだる)めぐりをしてきました!

春先だったかな。「七滝に行ってきました」という友達の日記を読んだ時から、私も行ってみたい!と
ずーっと思っていたんです。パパちゃんも気になる場所だったらしく、この日の朝、「よし、行ってみよう」と
思い立ち、急きょ、行くことになりました。

ここは、その名の通り七つの滝があり、約1時間のハイキングコースで
七つの滝を楽しむことができます♪
滝のそばは、天然のマイナスイオンの宝庫です。
この”楽しめます”に、だまされましたっ !
確かに楽しかった♪一つ目の滝(初景滝)に行くまでは・・・(^^;)

道幅は比較的広く、道路も舗装されていて歩きやすかったの。私的には、こんな感じの道がずっと
続くのかと思っていたんだけど・・・。全然違った(><)

二つ目の滝からは、山道を上ったり下ったりの繰り返しで・・・(><)当然の事ながら、道幅は狭く、
舗装などはされておらず。まさに、秘境!しかも、前日の雨のせいなのか、はたまた、年がら年中なのか
わからないけど、じっとりとしていて、道はベチャベチャ。
そんな所を、短足のはなまるコンビを歩かせる訳にもいかず・・・。結局、二つ目の滝から七つ目の滝まで、
ほとんど抱っこですわ(^^;)
抱っこするほうも、抱っこされるほうもグッタリ。

0806102.jpgでもね、滝の景観は素晴らしかった!勢いよく流れ落ちる水しぶきと、滝つぼに叩きつけられる水の爆音は迫力満点!!!滝を見ていたら、疲れがふっ飛びましたぁ!
過酷な道を歩いてきた甲斐があったというものです。
考えてみれば、滝のそばまで行くには、険しい山道がつきもの。養老渓谷(千葉)で滝を見に行った時も、大変だったもんなぁ(^^;)でも、滝のそばまで行けた時、すっごく感動したのよねぇ(^m^) 大変な思いをすればするほど、感動も大きくなるのかな。


0806103.jpgそんな訳で、念願だった河津七滝に行く事ができて、大満足のパパちゃんと私なのでした♪梅雨の時期にも関わらず、天気に恵まれたのもラッキーでした♪
河津七滝は、ループ橋のそばなので、近くを通った時に、立ち寄ってみるのもいいかもね(^^)時間があれば・・・ですが。
なんせ、七つの滝を全部見るとなると、1時間かかりますから!

そそ、今回は、当日の思いつきで出かけましたが・・・。
高速道路(ETC)を利用するなら、”思いつき”は前日までの方がいいかも。平日、休日問わず、朝7:00~9:00までと、夕方5:00~7:00までにゲートを通れば、料金半額(100km圏内)になるんですもの。

今回のルートでいうと・・・。東名横浜町田ICからだと、御殿場まではOK!沼津だとギリギリアウトなのかな?この日、帰りに沼津から乗ったんだけど、2400円のところ1450円だったから、半額ではなく40%割引きでした。

なんにせよ、割引サービスを利用しない手はないっ!
っつーことで、我が家は浮いたお金で、行きのおやつに、ソフトクリームとドーナッツ、帰りのおやつに、
メロンパンを買うのが定番になってます♪東名高速で出かける時は・・・なんですけどね(^^)
日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
密かな悩み
2008 . 06 .08 ( Sun )
先月いっぱいで、ケーブルテレビの契約をやめちゃいましたぁ!
全然見ないのに、毎月利用料を払うのはもったいないでしょ。
なので、今は、DVDレコーダーを通して地デジ見てまぁす!
できることなら、薄型テレビを買いたいところなんだけど・・・。
浮いたお金を貯めて、いつか薄型テレビを買うぞぉ!!!←いつのことやら(^^;)

さて、今日のタイトルは「密かな悩み」。悩みというのは、毛の悩みなんです。
毛の悩みといったら、育毛、発毛、クセ毛などなどいろいろありますが・・・。
私の場合は、白髪なんです(><)

以前は、美容院で染めてもらえば一ヶ月くらいは大丈夫だったんだけど、
最近では、半月ともたないんですわ(^^;)
普段の買い物や散歩とかだけなら帽子をかぶっちゃえば隠せるからいいけど、
人と会う時はそうもいかず・・・。
そんなときは、自宅で染めたりするんだけど、キレイに染まらないのよねぇ。
髪の毛がパサパサになっちゃうし・・・(><)

この前、美容院に行った時に、そんな話をしたら「なんだったら、部分染めしてあげるよ」って
言われたの。えっ、マジ!?部分染めもOKなの?知らなかったぁ!
聞けば、面倒くさいからという理由でメニュー表には書いておらずそれでも、
そーゆーお客さん(部分染め)も結構いるとかで・・・。

なんだぁ。だったら、もっと早く言えばよかったぁ(^^;)
美容院でやってもらえるなら、絶対そっちのほうがいいもん。
キレイに染まるし、手間いらずだし。
それに、自宅で染めた時ほど髪の毛がパサパサにならないし・・・。
それを知って、先日、早速、お願いしちゃいました!

白髪の悩みは、解決した訳ではないんだけど、もう自宅で染めなくてもいいんだと思うと、
開放されたぁ!という気分(^^)白髪が生えないというのが一番いいんだけどね(^^;)

そういえば、最近、てっぺいちゃん、白髪が増えてきたよね?ってゆーか、隠してないよね?
私的には「わぁい、仲間だ!」と密かに喜んでおります(^m^)
日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
『エミリー・ウングワレー展』<作品の感想>
2008 . 06 .02 ( Mon )
080601.jpg昨日は、『エミリー・ウングワレー展』トークショーのことを書きましたが、
今日は、作品の感想などを書きたいと思います。
『エミリー・ウングワレー展』は、国立新美術館で行われています。
私は、国立新美術館に行くのは初めてだったので、見るもの全てが
新鮮に感じました。

建物の外観の美しさに、一人感動!!館内に入り、またまた感動!!流石は、黒川紀章先生!
1階から3階まで吹き抜けなので、天井の高さに驚きましたっ!

さて、作品の感想はというと・・・。

エミリーの絵は、写実的なものはひとつもなく、抽象的なものばかりでした。
私は、抽象的な絵は大の苦手でしてね(^^;)「これが目で、これが口で・・・。美女です。」と言われても、
目や口にはどーしても見えず、理解に苦しむだけで感動に及ばず(><)
例え、それが”名画”と呼ばれる作品であっても・・・。

だが、しかし!エミリーの絵は、エミリーの生活環境を知ることで、絵の見方が変わり、想像することで、
抽象的にしか見えなかった絵が、写実的とまではいかないにしても、何の絵が描かれているのかくらいは、
それなりに理解できるんですわ。そんな自分に感動!
そして、何よりも、見たまま感じたままに表現されたエミリーの素直な絵に、いたく感動しました♪

展示室に入って最初の作品を観たとき「この人(エミリー)は、前衛か」という印象を受けました。
だって、カンヴァス全体が、たくさんの点点点で埋め尽くされてるだけなんだもん(^^;)
多少、色の濃い部分と薄い部分で変化はあるけどね。
次に観た作品なんては、大きなカンヴァスに端から端まで何色かの線が描いてあるだけで、
「何じゃ、こりゃ???」って感じだし・・・(^^;)

作品を観ていくうちに、あることに気づいたのです。
最初のうちは、元々はボディ・ペインティングのモチーフなんだから、単純な絵で当たり前。
だから、色の種類もそれほど多く使われていないのかなぁ。と、思っていたその時、展示してあった
アボリジニの風景や人物の写真が目にとまりました。

同じなんです。色が・・・!
赤土の赤、空の青、草木の緑、黄色い花、黒い肌の色に映えるボディ・ペインティングの白。
エミリーの描く絵は、アボリジニの自然環境そのものだったんだってことを知ったんです。
この辺りから、絵の見方が変わりました。

終盤に入り、大きな絵と、比較的小さな絵が展示されてました。
どちらも、黒く塗られたカンヴァスに、白い線がモジャモジャと描かれたものなのですが・・・。
いったいこれは何なんだろうか???
一見、くもの巣のようにも見えるし、ただの模様にしか見えないし・・・。ま、いっか(^^;)

で、そのままドキュメントフィルムを放映してる部屋に。
それをなんとなく見ていたら・・・。 さっき気になっていた絵の答えがわかったのです!

大きい方は、ヤムイモ畑。白いモジャモジャは、ヤムイモのツルでしたぁ!
そして、小さい方は、幾重にも重なる木の枝を下から見上げた時に見えたまんまの絵でしたぁ!
なるほどっ!そう言われると、確かにそう見えるっ!

最初は、ちょっと苦手だなぁと思いながらの絵画鑑賞だったんだけど、途中から楽しくなってきて、
一度観た作品をもう一度観るという行動に走り・・・。
結果、たっぷり1時間、エミリーの世界を満喫してきました♪

ちなみに、てっぺいちゃんは、別の日に1時間半ほど絵画鑑賞したそうです。
「興味の無い展覧会はさっさと帰る」(てっぺいちゃん・談)
・・・ということは、かなり興味があったのですね(^^)

『エミリー・ウングワレー展』は、国立新美術館で7月28日までやってますので
興味がありましたら是非に。
日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
『エミリー・ウングワレー展』<トークショー>
2008 . 06 .01 ( Sun )
080601.jpg今日は、『エミリー・ウングワレー展』トークショーに行って参りましたっ!
トークショーは、予想通り”笑い”なし。まるで、教育番組のようで・・・。
居眠りはしなかったけど、ぶっちゃけ、退屈な2時間でした。←おいおい、てっぺいちゃんに会える貴重な時間だというのに退屈て・・・(^^;)


だって、てっぺいちゃんの出番が、少ないんだもん(><)
2時間中、てっぺいちゃんがしゃべった時間は、合計しても20分にも満たなかったんじゃないかしら。
途中、何か話したそうで、何度かマイクを持ったりもしてたんだけど、タイミングがつかめずで・・・(^^;)
不機嫌そうに見えたのは、私だけ???真顔だったからかな(^m^;)

今回は、司会者が振らないと話せないっつー空気が流れてたのです。
場慣れしていないのか、司会者は、台本通りに淡々と進行しているだけだから、
盛り上がりに欠けるというか、なんというか・・・。

私が思うに、てっぺいちゃんは、自分が仕切りたくてウズウズしてたんじゃないかと・・・(^m^)
てっぺいちゃんが仕切ってたら、また違った雰囲気のトークショーになってたに違いないっ!

「展覧会の感想を」と司会者に振られた大先生方の話もねぇ。
結局、展示してあった解説文と同じようなことを言ってるだけだし、要点がまとまってないから、
ただただ話が長いだけで・・・。
「現地に○○さんと行って、初めて作品を目にした時、素晴らしいと思った。これをもっと多くの人に
知ってもらいたいと思った」って言われても、面白みがないのよね(^^;)

てっぺいちゃんの話もちと難しく・・・。
「自然に生きるということがどんなに厳しくて優しいことか」ということを念頭に、アボリジニの
ボディ・ペインティングとチベットの修行僧が描くマンダラ(砂絵)を重ね合わせて考えると、
どちらも精神性は変わらないのでは?ということや、晩年、多く描かれた絵(ヤムイモ・主食)の
印象から、「ヤムイモ」→「命を繋げる」→「女性の強さ」を「お母さんの毎朝お弁当作り」に例えて、
続けることができるのも女性の強さだと話してたかな。
あとは、年老いた漁師やフンデルト・ワッサーの言葉に驚きと感動をおぼえたという話。
それと、オーストラリアでのロケ(ACRI)体験談も話してたかな。

作品を観た感想として、その絵を観て思い出したエピソードや、体験談、例え話などを織り交ぜながらの
話は、聞く者にとっては、わかりやすいし、興味をそそられるのではないでしょうかね。
そういったことを踏まえると、やはり、てっぺいちゃんの話が一番わかりやすくて、興味深かったです。
ISHYISM | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。