FC2ブログ
行ってきたぞよ!
2009 . 05 .20 ( Wed )
昨日、東京国立博物館で開催されている『興福寺創建1300年記念国宝阿修羅展』に
パパちゃんと行ってきましたぁ!(※長文・ネタバレ・・?)

0905203.jpg

奥に見える建物は、本館。昭和13年に昭和天皇の即位を記念して開館。平成13年に重要文化財に指定されました。阿修羅展は、本館ではなく平成館で行われていました。

平成館は、皇太子殿下のご成婚を記念して、平成11年に開館。
前に来たときは、平成館なんてなかった・・・。思い起こせば、ここに来たのは高校生のとき以来。昭和の時代でした(^^;)

0905202.jpg 0905201.jpg

見てっ!平日だというのに、この混み様・・・。入館するのに80分待ちでした(><)
この辺りで60分待ち。でも、これくらいの待ち時間なんて全然へっちゃら!ディズニーランドと比べたら楽勝です(^0^)並んでる間は、人間ウォッチング(^m^)この日は、平均年齢が高かったような気がします。展示物に手を合わせる人も少なくないのでは・・・(笑)

そして、いよいよ入館!
第1章~第4章に構成されて展示されてました。簡単に説明すると・・・。

第1章 奈良時代の工芸品(国宝)銀鋺や金塊、述金、水晶念珠玉etc.
この水晶玉が、人間業とは思えないくらい見事なまん丸。驚いたっ!!!

第2章 八部衆(はちぶしゅう)十大弟子(じゅうだいでし)立像(奈良時代)
八部衆とは、もとはインドの神で、仏教の守護神。阿修羅もそのひとつ。

全部で8軀展示。どれも西遊記に出てくる、鎧(よろい)を着た妖怪っぽい感じ(^^)
中でも「迦楼羅(かるら)」という名前の立像がお気に入り♪名前がかっこいいよね!
河童さんかと思ったら鳥さんでした(^^;)

十大弟子とは、釈迦に従った頭が良い人トップ10(^0^)全部で6軀展示。
こちらは、僧侶。あばら骨が浮き出ててチョ~リアル!いかにも修行僧って感じ(^^;)

ここで、気づいちゃったことが!!!
”立像”を私は今まで”りつぞう”と読んでたんだけど、正しくは”りゅうぞう”と読むみたいですね(^^;)ひらがなをふってあるのを見て、初めて知りました!おバカな私です(><)

第3章 薬王(やくおう)薬上(やくじょう)菩薩と四天王たち(鎌倉時代)
興福寺中金堂(ちゅうこんどう)に安置されている立像。
仁王像と雰囲気が似てる!?四天王と呼ばれるだけに、皆さん強そう(^m^)
ここで、足元に注目!!!
強さを表現するためなのか、四天王は全員、獅子を思いっきり踏んづけておりました。そのうちの一匹(一頭?)なんては、顔が反対向きになっちゃって、ふぎゃ~(>0<)ってなちゃってる!ちょっと可哀想だったりして・・・(^^;)

第4章 よみがえる興福寺中金堂・阿修羅像(バーチャル映像)
中金堂をリアルに再現。阿修羅像の色を復元、表情の解説。10分ほどの映像。

阿修羅像、間近で観てきましたよぉ!押し合いへし合いながら時計回りで・・・(^^;)
想像とちがって、全体的に小さくてキャシャな感じ。腰周りは細いし、腕なんて、ちょっと触っただけでポキッていっちゃいそう・・・(^^;)1300年間、腕が1本も折れずにいられたってのは、ミラクル~!!!って思っちゃいました。

表情もねぇ、怒ってるっぽいんだけど、どこか悲しげで・・・。それでいて力強い感じ!ひとつ言えることは、展示されている仏像群の中で、飛びぬけてイケメンくんでした(^^)

そそ、先ほど八部衆は妖怪っぽいって書いたけど、唯一、阿修羅は人間っぽい。でも、少し変わってて・・・。鼻の穴がないんだって!それと、耳が2つ重なってるというか、耳介(じかい)が2つある・・・みたいな!?ようは、完全な人間じゃないってこと!

あとね、よく観ると胸元や腕や手首に装飾品がジャラジャラと・・・☆阿修羅は、とってもお洒落さんでした(^^)どっかの誰かさんみたい・・・(笑)

展示されている仏像群は、今でこそ色が剥げ落ちてしまっているけど、当時(1300年前)は、どんだけきらびやかだったことか・・・!庶民の目にふれることは決してなかったんだろうけど、庶民の私達が、今、こうして観る事ができたのは、本当に貴重な体験なのかもしれないなぁと思うパパちゃんと私なのでした。

余談ですが・・・。帰りに精○軒でご飯を食べて帰りました!
パパちゃんは、ランチ。私は、オムハヤシと海老フライってのを食べました。
お互いにちょこっとづつ味見したけど、どちらも美味ちかったぁ(^0^)
スポンサーサイト



日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<祥月(しょうつき)命日 | ホーム | 阿修羅展に行きたいぞよ!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://yukino.blog2.fc2.com/tb.php/546-6e8992d9
| ホーム |